通信制高校に通うデメリットとは

通信に切り替えて本当に良かったです

自分を律することができない人には向いていません通信制高校に通うときにネックになったのが、学費です通信に切り替えて本当に良かったです

やはり、費用的な面と人とか買わないということが、自分のメンタルにどのように作用するかということになるかもしれません。
私は、幼馴染など友達が高校以外にもいるので、あまり気になりませんでした。
友達関係は、10代で構築したものがずっと続く場合もありますしそうでないこともあります。
それに煩わされて学校に行けなくなりましたが、通信に切り替えて本当に良かったです。
そんなにもともとレベルの高い高校ではなかったのですが、大学受験ではたくさん勉強をして今はとても充実しています。
どこの高校に通っていたかということは、就職活動では多少聞かれることはあるようですが、大人になったら大学名のほうが重要です。
そのくらいのことなので、その三年間をどのように過ごすかということを考えたほうが良いと考えるようになりました。
確かに、全日制の通常の高校を何も考えずに卒業できたら、その方が良かったかもしれません。
でも、やはり自分一人で通うわけではないので、時にはトラブルに巻き込まれることもあります。
人見知りや、人から誤解を受けやすいという人には通信制高校は最適です。
自分のペースで学習を進めることができるので、だれにも邪魔されません。
又、友達とグループを組んだりするのが苦手な人にもとても最適な環境です。
通学に時間やお金がかからないですし、アルバイトもすることができます。
割と自由な環境ですが、一抹の寂しさを覚えることが無いわけではありません。
そんなときには、大学生になって充実している自分を想像して頑張りました。
デメリットの、友達ができないということも大学で沢山友達ができている今では全く気にならなくなりました。
通っている高校を退学しても、生きる道は豊富にあります。

通信制高校 デメリット通信制高校の元入学相談室長がこっそり教える『本当のメリット・デメリット