通信制高校に通うデメリットとは

通信制高校に通うときにネックになったのが、学費です

でも、人間関係の複雑なところで3年間を過ごすのに比べれば、そんなことは些細な事でした。
通信制高校に通うときにネックになったのが、学費です。
学費は親が出してくれましたが、いったん高校を退学しているので申し訳なかったです。
本来だったら、公立の夜間に通った方がよほど安いのですがそれだとやっぱり人間関係に悩まされることになるので、通信にしました。
自分の中では、少しでも安いところを選んだつもりですがやはり私立なのでとても高額です。
私もアルバイトをして一部を負担していますが、通信制に通う人は何らかの理由があったり事情がある家庭の人が多いので、私は普通の家ですが結構ネックになりました。
通信制高校だと、大学受験が不利と言われることがありますが全然そんなことはありません。
きちんと高校を卒業していれば全く不利にはなりませんし、実際に私も志望校に合格することができています。
大学受験は一般なら、基本的には実力の世界です。
特に私立の場合は強化数も少なくて、得意科目があれば有名大学に入ることも難しくありません。
私も有名と言われる大学に進学していますが、たまに自分のような通信制高校を卒業している人に会う事があります。
偏差値が高めの大学なので、予備校に行かないで入っているのはすごいと言われますが、むしろ高校に通学しなくてはならないということが無かったので、時間を有効活用することができます。
なので、通信に通っていることは大学受験にはデメリットにはなりませんでした。

通信制高校に通うメリット・デメリット|通信制高校ナビ https://t.co/IyIZkLt8B3

— E😴凍❄️🐰❄️土😴 (@crimsonclover_E) November 3, 2018

自分を律することができない人には向いていません通信制高校に通うときにネックになったのが、学費です通信に切り替えて本当に良かったです